セブ島の南に位置するサミロン島で空撮にトライ。ドローントリップ2島目

(スポンサードリンク)

どうも、フィリピンのセブ島周辺の離島を放浪中のタナカコーイチ(@tana51)です。

オンライン英会話で知り合った先生と一緒に、Sumilon Island(サミロン島)へ行ってきました。

サミロン島で10分くらいでサクッと撮影してサクッと編集したテキトー動画はこちら。

ビール飲んだ記憶しかないので、変な完成動画となってしまいました。笑

SUMILON ISLAND|サミロン島って、どこにあるの

セブシティのサウスバスターミナルからバスで約3時間ほど南下すると、Whale Shark(ジンベイザメ)と一緒に泳げることで有名な、オスロブに到着します。

そのオスロブから、ボートで約30分ほど。

他の地域の離島に行くには、だいたい100ペソや200ペソとかなのに、一番近い距離にも関わらず格段に一番高かったです。

完全にツアリストプライス。

ボート代だけでビーチで過ごすだけなら少し安くなりますが、スミロン島にある施設を利用するのであれば、2,000ペソ(4,500円)くらいしたような気がします。

(すみません、値段忘れちゃいました^^;)

ボート移動は濡れるのでカバンなどは要注意

座る席にもよりますが、ボクたちは前の方に座ったところ、カバンも自分自身もけっこう濡れました。笑

濡れたら困るものがある場合は、ボートの中心らへんの席に座り飛んでくる水しぶきを防御しましょう。

サミロン島のドローン空撮について

現地のスタッフに確認したところ、人がいないエリア(ビーチ方面)であれば、全然飛ばして大丈夫よー、とのことでした。

フィリピンの90%以上の場所がこんな感じで、「ドローン?、あっ、いいよ!」との回答がもらえます。

ただし、オスロブのBrumini Resort hotelはドローン飛行禁止

Brumini Resort

ちなみに、スミロン島に渡る前日は、オスロブのBrumini Resort(ブルーミニリゾート)というホテルに1泊しました。

翌朝、早朝に「海沿いでドローンを飛ばしていい?」とホテルのスタッフに確認すると、「ここは禁止されているからダメなんだよ」とのこと回答。あちゃー、こりゃ残念。

Brumini Resort前の海沿い

ドローンの飛行は、国や地域がOKでも、各施設では禁止している場所もあるので、飛ばす前には必ず現地のスタッフや責任者に確認しましょう。

さいごに

ドローントリップ2島目のスミロン島。

10分ほどしか飛ばせず不完全燃焼でした。笑

いざ、次なる島へ!

(関連記事)

ドローントリップ1島目 バンタヤン島



ABOUTこの記事をかいた人

1年間の海外放浪生活(最後の3ヶ月で世界一周)を終え、現在は日本で映像制作とカメラの仕事を主に活動中。2018年7月に参加予定のTBEXジンバブエを機に南半球を長期で放浪する予定。放浪欲は誰にも止められない。 趣味は、海外でドローン飛ばす&海外のトライアスロン大会&海外放浪生活、と海外なしでは生きていけないバリバリの日本人。