スキルのあるドローン操縦士は仕事でかなりの高収入を得ている話を聞いた。

(スポンサードリンク)

どうも、タナカコーイチ(@tana51)です。

Drone Borg主催のドローンビジネス勉強会に参加してきました。

今後のドローンビジネスの可能性ということで、かなり濃い内容でした。

海外のマーケットの大きさ、そして今後のドローン業界におけるビジネスチャンスについて色々と考えさせられました。

 

「ドローン操縦士」

今後有望な職業になりそうです!

ドローンビジネスに関しては現在はまだ母数が少ないため3-4年後くらいから盛り上がっていくのでは、という話でしたが、現在ドローンを操縦できて仕事ができる人がかなり少ないとのこと。

そういう人たちは、かなりの高収入を得ているみたいです。

勉強会後の雑談でお話しされていたのですが、ひとつの例として測量関係でドローンを操作しデータを取得する仕事をしているフリーランスの方の先月の収入が600万円だったとのこと。

驚きですね!

測量やデータ取得の知識やスキルがあってこその月収だと思うのですが、それらのスキルがない人もかなりの高収入を得ているようです。ドローンを安全に操作でき知識もある人がまだまだ少ない現在は、普通に空撮だけできる人とかでも重宝されるみたいです。

今後、免許制度や資格制度が登場して、きちんとした職業として成り立っていきそうですね。

早いうちにドローン操縦の練習をしておきたいですね。

ということでドローン買いました!

下記の2つのドローンでずっと迷っていたのですが、Holy Stoneに決定しました!

Hubsan X4 HD ワインレッド H107C-1 [日本正規品] Holy Stone 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロ ドローン 日本語説明書付き 国内認証済み 空撮カメラ付き バッテリー二個付 フルスペックエディション レッド F180CK

どちらもビギナー向けで低価格で購入できるミニドローン。

いずれは4K動画が撮影できる、DJI phantom3 Professionalを購入しようと思うのですが、落として壊れるのが怖いので、安くて気軽に飛ばせて、かつ空撮で動画を撮れる上記の2つから、Holy Stoneに決めました。

どちらも1万円以内とお得なプライスなので、練習用としてはいいのではないでしょうか。

(追記)

先日フットサルコートで写真や動画の撮影をしてきました。

家でも気軽に飛ばす練習ができます。

操作は意外と難しいですが、練習すればするほど上手になっています。

ドローンに興味がある方は1台目として検討してみて下さい。

(スポンサードリンク)

ABOUTこの記事をかいた人

トラベルビデオグラファー。 世界一周中。趣味はドローン、トライアスロン、サーフィン。 海沿いが大好きな放浪家。 世界中でドローン(DJI phantom4)を飛ばしながら、IRONMAN(トライアスロン大会)やフルマラソンに出場しています。