Google Mapを日本語から英語表示にする方法

(スポンサードリンク)

どうも、世界一周中のタナカコーイチ(@tana51)です。

海外に行ったとき、アナタは旅先でGoogle Mapを使いますか?

いまや旅行者には必須のソフト、Google Map

しかし海外で使うときは、日本語表示ではなく英語で表示してほしい場合がありますよね。

  • 外国の人に道をたずねてGoogle Mapを見せるも、日本語だからわからないと言われる
  • 行きたい場所の名前を伝えたいが、日本語で読むと相手に伝わらない

こういうときのための、日本語から英語に切り替える方法を知っておきましょう。

iPhoneの言語設定の切り替え方法

iPhoneの場合は超カンタンに切り替えることができます。

設定→一般→言語と地域→iPhoneの使用言語→English英語→完了をタップ

これだけでGoogle Mapの日本語表記を英語表記に変えることができます。

ただ、他のすべての表示も英語表記になるため注意してください。

Google Mapの利用を終えて、再度、日本語に戻したい場合は、

Settings→General→Language & Region→iPhone Language→日本語Japanese→Doneをタップ

の順で進んでいけば日本語に戻ります。

英語を勉強中の人はこの機会に、普段からiPhoneの設定を英語表示にしてみるのもありかもしれませんね。

パソコンでの切り替え方法

まずは、Google Mapをひらきます。

以前は、ドメインのjpの部分をesに変えると英語表示になったのですが、現在は普段日本語でGoogleを利用している人、自動的に日本語に切り替えられてしまいます。

でもまったく問題ありません。

英語表記へ切り替える方法はカンタンです。

まず左上にある3本線(三)をクリック

gmap_jp_s

次に下の方にある言語をクリック

gmap_language_s

すると、各国の言語が表示されるので、Englishをクリックするだけ。

gmap_languages_s

すると英語表記に切り替わります。

gmap_en

カンタンでしょ?!

英語以外の言語も選択できるので、各国に合わせて変更できます。

なので、英語がまったく通じない国を訪れたとしても、この言語切り替えをしてから、地元の人に道をたずねると、現地の言語表記を見てもらいながら道を教えてもらうことができます。

そして、その場所を保存(☆マークをクリック)しておくと、オフラインでもその場所がスマホで確認できるので、GPSたよりに迷わず訪れることができます。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

Google Mapを活用して、旅を多いに楽しみましょう。



ABOUTこの記事をかいた人

1年間の海外放浪生活(最後の3ヶ月で世界一周)を終え、現在は日本で映像制作とカメラの仕事を主に活動中。2018年7月に参加予定のTBEXジンバブエを機に南半球を長期で放浪する予定。放浪欲は誰にも止められない。 趣味は、海外でドローン飛ばす&海外のトライアスロン大会&海外放浪生活、と海外なしでは生きていけないバリバリの日本人。