Parrot社主催のドローン体験会 in 湘南T-SITEに行ってきました

(スポンサードリンク)

最近ドローンに興味があるので、Parrt社主催の「ドローン体験会」に行ってきました。
Parrot社はフランスに本社をおく会社で、ヨーロッパではパイオニア的存在として活躍している会社です。

今回訪れたところは、湘南T-SITE。オシャレな建物が立ち並んでいるエリア。

湘南T-SITE

中には蔦屋書店とスターバックスが併設されています。神奈川県のJR藤沢駅からバスで約10分くらいの場所でアクセスはそこまで良くはないですが、たくさんの人が訪れていました。

湘南T-SITEの敷地内のプレハブみたいなところで、ドローン体験会が開催されていました。

まず最初に飛ばしたのが、このミニドローン

ミニドローン parrot

このミニドローン、自分が持っているスマホから、Bluetoothで接続して、操作することができます。

2015年12月に国内でドローンに関する規制ができましたが、聞くところによると、1平方キロメートルあたり4000人以上の人口密度のところは機体の重量が200g以上のドローンを飛ばす前に許可をとるための申請が必要とのこと。でも、このミニドローンは200mg未満なので、申請をせずに飛ばすことができます。体験した感想としては下記のような感じです。

Parrot MiniDrone Rolling Spider / パロット ミニドローン ローリング スパイダー

良い点)

  • 安い価格帯(1万円台前半)
  • 自分のスマホで操作できる(コントローラーを持ち運ぶ必要なし)
  • 重量が200g未満なので、規制にひっかからない。
  • 小さいので持ち運び便利

イマイチな点)

  • 動画が撮れない
  • 持続時間が14分だけ
  • カメラの位置が機体の真下にあるので、自分でコントロールしながらの撮影がしにくい
  • 機体が軽いので、エアコン等の風の影響を受けやすい

実際に撮影した写真はこちら

ドローン parrot

顔がはみでていますね!画質もイマイチな感じでした。

操作は簡単でしたが、エアコンの風の影響で自動的に左に行ったり右に行ったりしているのを戻すのが難しかったです。

次にトライしたのは、こちらの大きめのドローン。こちらは大きいだけあって安定感抜群でした。

drone

こちらは、専用のパロットスカイコントローラーにipadが組み込まれていて、かなり操作しやすかったです。

Parrot AR.Drone 2.0 / パロット エイアールドローン 2.0

良かった点)

  • 機体が大きいので、安定感がある。
  • 高さの制限ができるので、上空への飛ばし過ぎを心配しなくて大丈夫
  • 操作しやすい

イマイチな点)

  • 機体が大きいため、持ち運びは大変そう
  • 値段は約6万円とまぁまぁな値段

動画が撮影できる機種だったので、試してみたかったのですが、データ不足で動画も写真撮影もできませんでした。残念。

ドローンのクオリティはどんどん進化していると思うが、個人的にはもっと改良して欲しい。特に持続時間がたったの10分台というのは、旅行に持っていくことをメインに考えている消費者には受け入れられないだろう。

こらからの更なる改良に期待しています。

旅行とかに持っていくとかではなく、近所で遊びたいという人や室内でちょっと飛ばしてみたい、という人には良いと思います。

参考動画はこちら)

Parrot MiniDrone Rolling Spider

[youtube id=”v7Q1giJOpxA”]

世界を知ろう! セカチャン / SEKACHAN

(スポンサードリンク)

ABOUTこの記事をかいた人

トラベルビデオグラファー。 世界一周中。趣味はドローン、トライアスロン、サーフィン。 海沿いが大好きな放浪家。 世界中でドローン(DJI phantom4)を飛ばしながら、IRONMAN(トライアスロン大会)やフルマラソンに出場しています。