5代目ドローン「DJI Mavic Pro」がキター!!

(スポンサードリンク)

どうも、一時帰国中のタナカコーイチ(@tana51)です。

予約注文していたDJI Mavic Proがとうとう届きました!

先代のPhantom4はセキドで購入しましたが、今回のMavic ProはDJIストア新宿で購入しました。

2016年12月、東京滞在中にDJIストア新宿の店舗でフライト体験させてもらって、コンパクトさと室内での安定性に感動して、予約注文していたのですが、3ヶ月たちやっと届きました。

Mavic ProはこれまでのPhantomシリーズと違って、非常にコンパクトで持ち運びやすい、ということもあり、どこの販売店も予約注文&中国からの入荷待ちという状態でした。

世界一周最後の90日間の放浪の旅に間に合ってよかった。

ちなみに今回のMavic Proはボクのドローン人生における機体の5代目。

  • 初代 中国の義鳥(イーウー)の巨大マーケットで約2,000円で購入(当時の義鳥の記事
  • 2代目 Holly Stone
  • 3代目 Parrot Bebop2(購入するも、別売りのスカイコントローラーを購入しないと、長距離を飛ばせないことを後で知って一度もフライトすることなくAppleに返却。ちなみに、Apple Storeで購入した商品は開封&使用後でも14日以内であれば、理由を問わず返却&返金可能です。さすがのApple社、ふとっぱらです。詳細はAppleのサイトで。)

そして、5代目、Mavic Pro

大きさはなんとペットボトルサイズ!

ペットボトルを立てた状態。

こんなにコンパクトなバッグにドローンの機体だけでなく、コントローラー、プロペラ、充電器、予備バッテリー2本、すべて入ってます。

アンビリーバブル!!

ですね。

先代のPhantom4と比べると大きさの違いは一目瞭然!

これまでバッグの空間のほとんどをPhantom4が占領していましたが、これからは4分の1くらいの空間で足りそうです。

Phantom4は風が強い日や、仕事用として今後使っていこうかと思います。

さて、Mavic Proに話を戻します。

機体をだすとこんな感じ。

生き物みたいですね。笑 ヤモリ?イモリ?笑

プロペラの取り付け&取り外しが不要なのが、嬉しいところ。

このまま折りたたんで、先ほどのバッグに収納できます。

昔の携帯電話みたいに、ドローンもどんどん小さくなってきて、おもしろい時代ですね!

明後日から、再び、スペイン→ヨーロッパ数カ国→カナダ→アメリカ→中米という旅程なので、このMavic Proでいろんな世界を空撮していきたいと思います。

トレイルランニングのバッグに収納したり、バイクジャージの後ろ側にもスッポリ入るサイズなので、スポーツ好きにはたまらない一品です!

(スポンサードリンク)

ABOUTこの記事をかいた人

トラベルビデオグラファー。 世界一周中。趣味はドローン、トライアスロン、サーフィン。 海沿いが大好きな放浪家。 世界中でドローン(DJI phantom4)を飛ばしながら、IRONMAN(トライアスロン大会)やフルマラソンに出場しています。