孫正義がインド人COOを後継指名!これから留学するならインド?!

(スポンサードリンク)

つい先日より、孫正義がインド人COOを後継指名したことが話題になっています。
優秀なインド人がシリコンバレー始め、世界中のIT企業で活躍しているのは周知の事実なのですが、なぜインド人がこうまで活躍できるのでしょうか。

もちろん人口が10億人以上いるので、世界的に見るとインド人になる割合は高くなるのですが、インドにはカースト制度が根強く残っていることも事実です。

カースト(英語:Caste[1])とは、ヒンドゥー教における身分制度(ヴァルナジャーティ)を指すポルトガル語英語である[2]。インドでは現在も「カースト」でなくヴァルナとジャーテと呼ぶ[3]

紀元前13世紀頃に、バラモン教の枠組みがつくられ、その後、バラモンクシャトリアヴァイシャシュードラの4つの身分に大きく分けられるヴァルナとし定着した。現実の内婚集団であるジャーティもカースト制度に含まれる。(Wikipedia)

カースト制度は、生まれた時からずっと親と同じ身分、職業として生涯を終えるということを指します。
カースト間の移動は認めておらず、またカーストは親から子へと受け継がれ、結婚も同じカースト内で行われます。

つまり、親がお金持ちでいい暮らしをしていたら子供もそのような暮らしができるが、例えば、便所掃除の親に生まれた子供は、自分も便所掃除を仕事として、便所掃除の人としか結婚できない身分になる、ということになります。

現在は、このカースト制度は廃止となっていますが、地域によってはまだ根強く制度が残っているとのこと。

ただし、ITに関しては、カースト制度に取り決めがなく、誰にでもなれる職業となっているのです。
そういった理由もあり、現在優秀なインド人が世界中で活躍しているのです。

そこで、今回ご紹介したいのが、インド留学についてです。

先進国のアメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスではなく、最近流行りのフィリピン、マルタ留学ではなく、あえて、インド留学をオススメしたいと思います。

インド留学なら、これからの時代に必須の英語だけでなく、プログラミングを学ぶ環境も整えているスクールがいくつかあります。ここでは、そういった、英語とプログラミングが学べるスクールを紹介したいと思います。

 インドIT留学.com

スクリーンショット 2015-05-17 11.16.42http://india-it-school.com

□特徴
・プログラミング基礎コースからスマートフォンアプリ開発コース、グローバルIT人材育成コースまで様々なコースが用意されている。
・料金はお手頃な価格の1ヶ月1360USD〜

インド語学学校と他国スクール(フィリピン、アメリカ、イギリス)との比較

インド留学 英会話学校比較

(by インドIT留学.com)

 インドIT留学と他国ITスクール(アメリカ、フィリピン、日本)

インドIT留学

 

(by インドIT留学.com)

インドでITと英語を学ぶ。
まさしく、このセカチャンのタイトルと同じ方向を目指しているスクールになりますね。
これからは、より一層ITと英語が重要な武器になってきそうですね。

インド留学。英語とプログラミングのスキルを学ぶだけでなく、インドという巨大な国で生活することは、将来の自分の財産になるでしょう!

世界でチャンスをつかもう! 〜セカチャン/Sekachan〜

(スポンサードリンク)

ABOUTこの記事をかいた人

トラベルビデオグラファー。 世界一周中。趣味はドローン、トライアスロン、サーフィン。 海沿いが大好きな放浪家。 世界中でドローン(DJI phantom4)を飛ばしながら、IRONMAN(トライアスロン大会)やフルマラソンに出場しています。