【italki(イトーキ)活用術】お金を稼ぎながら海外のローカル情報を日本語で手に入れる方法とは?!

(スポンサードリンク)

どうも、タナカコーイチ(@tana51)です。

今回は「お金を稼ぎながら、海外のローカル情報を日本語で手に入れる方法」をご紹介したいと思います。

その方法とは

 

italkiを活用すること

 

です。

italkiとは

italki

オンラインの外国語学習サービス【italki】

italkiとは簡単に説明すると、

外国人とオンライン上で言語交換ができるサービス

です。

使い方としては大きく分けると3つ。

  1. 無料で海外に住んでいる人とオンライン上で言語交換をする
  2. 有料で英語はもちろん、スペイン語やアラビア語などの言語を学ぶ
  3. 日本語を教えることによって、お金を稼ぐ(オンライン日本語講師になる)

いずれも無料の音声通話ソフト「Skype」を利用して会話をします。

では、順番に紹介していきたいと思います。

 

1.無料で海外に住んでいる人と言語交換ができる。

 

italkiのトップページより、コミュニティ→語学パートナーという項目から、自分の学びたい言語、言語パートナー候補が学んでいる言語、出身地、性別、などを選びます。

italki2

例えば、アメリカに住む日本語に興味のある女性を選ぶとすると、

  • 自分の学びたい言語:英語
  • 語学パートナー候補が学んでいる言語:日本語
  • 出身地:アメリカ
  • 性別:女性

と選択すると、たくさんのパートナーの一覧がでてきます。その中から、気に入った言語パートナーに、「言語パートナーになりませんか?」とメッセージを送ります。

例えばあなたが英語を学んでいるのであれば、

「Hello. Nice to meet you. I want to become language partners. I want to practice speaking English , and I can help you to  speak Japanese language.」

などと送ります。(ちなみにボクは英語力はそんなにないので、この英文が正しいかどうかは問わないでくださいね(笑))

相手から返信があれば、あとはスカイプで話す時間を決めて会話を楽しむだけです。

ただ無料で気軽に英会話を楽しむことができますが、少し手間がかかることもあります。それはスカイプで話す時間を決めるのに、時差を考慮して調整しなければいけないことです。

最近オンライン英会話で話題のフィリピンであれば時差1時間なので、お互いの時差の計算は簡単ですが、例えばアメリカだと時差10数時間、しかも滞在都市によって、アメリカ内でも時差がちがうので、Googleで「時差 都市名」などと検索して時差を調べて、「日本では何時、あなたの都市との時差は何時間だから、この時間に話しましょう。」とメッセージのやりとりをする必要があります。

まぁ慣れてくれば簡単なので、ぜひ一度トライしてみて下さい。

2.有料でいろんな国の言語を学ぶことができる。

italki3

クレジットカードなどでitalki内で利用できるクレジット(ポイントみたいなもので仮想通貨を採用している)を購入して、そのクレジットで先生のレッスンを予約します。

先生は2種類あり、英語の講師の経験が豊富な「プロの先生」と、「コミュニティチューター」と呼ばれる一般の先生から選ぶことができます。プロは少し高めの値段で設定されていて、コミュニティチューターの方が割安な価格になっています。

こちらのレッスンは、先ほどの時差の心配はまったく必要ありません。

例えば、英語を学びたい場合、英語を教えている先生を検索すると、レッスン可能な時間を見ることができます。これらの時間は日本時間のみが表示されていますので、その時間を確認して予約するだけです。(italki内のシステムで自動的にお互いの時刻が表示されます。)

英語は英語でも、先生の住んでいる国によっては、アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、シンガポール英語、フィリピン英語、インド英語など、様々な英語に触れることもできます。

また、中国語、スペイン語、フランス語、ベトナム語、タイ語、なども気軽に学べるので、海外旅行の予定があるときは、現地の言語を練習してから訪れるのもおもしろいかもしれませんね。

ぜひトライしてみて下さい。

3.日本語を教えることによって、お金を稼ぐことができる。

この方法は、自分が日本語の先生になって、レッスン料をいただく方法です。

italki4

まずはitalki内で日本語のコミュニティチューターになります。英語講師の経験がある人はプロの先生を希望するといいですが、プロ講師として登録するためには、資格などの証明書の写真を添付する必要があります。

あなたが、日本語講師の経験がまったくないのであれば、次の方法でコミュニティチューターになってみて下さい。

1. Youtubeで「日本語講師」「日本語 教える」「日本語 学習」「Learn Japanese」「Japanese Language」などと検索すると多くの日本語学習動画がでてくるので、いくつかチェックして日本語講師がどのように日本語を教えているかを学習する。

Youtubeで無料で学習…。ホント便利な時代ですね。
(ちなみに本当の日本語講師の資格をとろうとすると30万円〜60万円支払い、420時間の講習参加が必要です。)

2. コミュニティチューター申請をして自分のプロフィールを入力したあとに、iphoneやカメラで自分の紹介動画を撮影して、italkiにアップする。italkiで日本語講師になるためには、自己紹介動画をアップする必要がある。
(日本語のみの紹介でもいいが、日本語の紹介の前後に英語での紹介も入れておく方がベター。)

3. 動画をアップすると、italki内で審査され、OKだと、その日からオンライン日本語講師として活躍できる。

教師の設定ページから、レッスン料金、レッスン時間を自由に設定することができます。

レッスン料金は1時間=8ドル のように、ドルベースで設定します。この設定した金額から自動的に15%の手数料がitalkiに支払われ、それが差し引かれた後の金額が自分の収入になります。

ボクの場合は、最初の数ヶ月は1時間4ドルで設定していましたが、現在は10ドルで設定しています。

4ドルで設定していた理由としては、最初はこちらも教えるレベルが低かったこと、金額を安くすることによって多くの国の人と話すことができそうだったこと、最初は多くのレビューを集めた方が後々のレッスン予約につながると思ったこと、これらが理由にあがります。

実際4ドルで設定していた時は、ベトナム、ロシア、メキシコ、フィリピン、ブルガリア、中国、アメリカ、カナダ、スリナム、オーストラリア、イギリス、インドネシア、ブラジル、韓国、ポーランド、スペイン、台湾、イタリア、等に住んでいる外国人の方が予約してくれました。

日本語を教えると言っても、ほとんどの人は日本語の会話を練習したい、という人なので、既に日本語はある程度話せる人が多く、普通に会話を楽しむ感じでオッケーでした。

設定金額を10ドルに変更した後は、ヨーロッパやアメリカなどの先進国に住んでいる人からの予約のみとなったので、少しさみしいですが、逆に1時間10ドルを言語学習に支払うことができる人、ということで、また違った感じの外国人と話すことができて楽しくなりました。

そこで、ここからやっと本題に入りたいと思います(笑)。

タイトルは、「お金を稼ぎながら、海外のローカル情報を日本語で手に入れる方法」でしたので、その方法をご紹介したいと思います。それは、日本語講師のレッスン中に生徒に質問することです。まぁ普通の回答ですね。でもこれがホントおもしろいのです。

先日のベルギー人とのレッスンを例にあげたいと思います。

1時間の日本語レッスン、というよりも雑談の中でベルギーやヨーロッパのことを日本語で聞いてみました。ちなみにボクは来年ヨーロッパを5ヶ月くらいかけて周遊する予定なので、リアルに情報が欲しかったこともあり色々質問してみました。(もちろん間違った日本語を話していたら訂正してあげましたよ。)

ベルギー人から教えてもらった情報としては、

・ヨーロッパは北と南で物価も雰囲気も全然ちがう
・フランスを移動する際は、TGV(特急列車のようなもの)を利用するのが便利。イギリス、ベルギー、オランダまで気軽に行ける
・7月〜8月はヨーロッパでは夏なので、南にある国は観光客が多くて混んでいる。真夏は北欧や北に位置する国の方が人少ない。
・ベルギーでよく利用するLCC(ローコストキャリア)は、RyanAirgermanwingseasyjet、等。これらを利用すると格安でヨーロッパの国々を周ることができる。
・デンマーク、ノルウェー、スウェーデンの3国を合わせて、スカンジナビアと呼ぶ
・全体的に南や東に位置する国の方が物価が安くて、北に位置する国は物価が高い。ヨーロッパ周遊でコストを抑えたい場合は、南や東に位置する国でゆっくり滞在して、北欧やイギリス、ドイツ、ベルギーなどは短期の滞在にするのがオススメ。
・ドイツ人は日本人と似ていて、一生懸命働く人が多い。(働かないといけない、という意識が高い)スペイン人は逆。
・観光するなら、南に位置するスペインやイタリア、フランスなどがオススメ。

等々、多くのことを教えてもらいました。

日本語を教えるレッスンなのに、多くの海外情報を手に入れることができました。

また、PCとインターネット環境さえあれば、どこでもオンライン日本語講師として働くことができることから、デジタルノマドを目指すひとにもオススメの仕事かもしれませんね。

そして最近おもしろいのが、円安の影響。ここ1〜2年、海外に行く度に円安の影響もあり、以前に比べたら現地の物価が高いなぁ、と悲しくなることが多かったのですが、italkiに関しては、ドルベースでの収入になるため、以前は10ドル=800円とかだったのが、同じ10ドルでも現在は1200円とかになります。

円安の時は、外貨で稼ぐといいんだぁと感じることができます。italki内では仮想通貨での支払いになりますが、実際に自分が得た収入(仮想通貨のクレジット)をPaypalなどを介して、日本円に換金することも簡単なシステムになっています。

まぁ、いろいろと書きましたが、一度利用してみるとすぐ慣れると思いますので、ぜひトライしてみて下さい。

日本にいながら世界中どこの国の人とでも話せますから。
オンラインの外国語学習サービス【italki】



ABOUTこの記事をかいた人

1年間の海外放浪生活(最後の3ヶ月で世界一周)を終え、現在は日本で映像制作とカメラの仕事を主に活動中。2018年7月に参加予定のTBEXジンバブエを機に南半球を長期で放浪する予定。放浪欲は誰にも止められない。 趣味は、海外でドローン飛ばす&海外のトライアスロン大会&海外放浪生活、と海外なしでは生きていけないバリバリの日本人。