ロシア旅行のビザ申請方法と取得方法について。在日ロシア連邦大使館に行ってきた。

(スポンサードリンク)

どうも、タナカ コーイチです。

月末にロシアに行くことになったので、在日ロシア連邦大使館でビザの申請をしてきました。場所は東京の日比谷線・神谷町駅から徒歩8分ほどのところにあります。

日本人がロシアのビザを申請&取得するにはけっこう大変という噂を聞いていたのですが、意外とあっさり申請書は受諾されてホッと一安心です。

今回、ロシア連邦大使館に持参したのは下記の4点。

  1. オンライン申請査証フォームで入力した内容をプリントアウトした用紙
  2. 旅行会社が発行したバウチャー(TravelRussia
  3. パスポート
  4. 証明写真(3.5cm x 4.5cm)

これらを持参すればビザ申請ができます。ただ、上記の1.2の作業はけっこう大変でした。

まずは、オンライン申請査証フォームの入力方法について

いろいろと入力項目があります。今後ロシア旅行を検討される方は、こちらのサイトを参考にするといいです。

ロシアビザ取得申請代行センター

国内でビザ申請ができるのは、東京、函館、札幌、新潟、大阪の5ヶ所。業務時間は場所によって違うためご注意下さい。

東京は9:30〜12:30です。

在日ロシア連邦大使館ホームページ(場所と業務時間について)

ボクは9:31に到着して9番手だったのですぐに終わりましたが、ボクが帰る10分後くらいには15名くらい待っていたので、朝一で並んですぐに申請するのがオススメです。

ビザの申請についての詳細は下記に記載があります。

在日ロシア連邦大使館ホームページ(ビザ発給に関する情報)

ただし多くの情報がありすぎて理解するのが大変です。そこでボクは下記の記事を参考にさせてもらいました。

ロシアの観光ビザを取得!意外に簡単に、しかも格安で取れます!

ビザの申請方法や取得方法がかなり分かりやすく記載されています。このブログ記事を書いて下さった著者に思いっきり感謝したいです。

申請の流れとしては、Travel Russiaというロシアの旅行会社に699ルーブル支払うと、現地で手配してくれる旅行会社ですよ、というような証明書がもらえるようです。ボクの場合はPaypal経由で支払ったので、ルーブル払いではなく9.26ユーロ(約1,150円)でした。

このTravel Russiaを利用しない場合は、ビザ申請の時点ですべての宿泊予定のホテルからバウチャーを発行してもらいそれらを提出する等のかなり面倒くさい作業が必要みたいなので、Travel Russiaを利用することをオススメします。

上記の方法で発行したものを持参して申請しましたが、スムーズに受諾されました。

ロシアの観光ビザ取得、意外と簡単です。

ロシアの都市、ウラジオストクやハバロフスクは、東京から2-3時間で行ける距離なので、興味がわいた方はぜひ検討してみて下さい。

(追記)

2週間後、再び在日ロシア連邦大使館を訪れたところ、無事にビザが発行されていました。

get_russian_visa嬉しくて自撮りしてしまった(笑)

これまで20カ国くらい訪れましたが、国内の大使館でビザを発行したのは今回のロシアと8年前にインドに行ったときだけ。

そう考えると、日本人がいまビザなしで多くの国に行けるのは先人たちのおかげだなぁと感謝の気持ちでいっぱいになります。

ちなみにインドは2016年から国内でビザ取得しなくても訪問できるようになりました。そして噂ではロシアも2016年夏か秋ごろには国内のビザ発行なしで訪問できるようになるとのこと。

今後に期待したいですね♪

(スポンサードリンク)

ABOUTこの記事をかいた人

トラベルビデオグラファー。 世界一周中。趣味はドローン、トライアスロン、サーフィン。 海沿いが大好きな放浪家。 世界中でドローン(DJI phantom4)を飛ばしながら、IRONMAN(トライアスロン大会)やフルマラソンに出場しています。