ポルトガル・リスボンでMEOのプリペイドSIMカード10ユーロで買って設定してみた。

(スポンサードリンク)

どうも、リスボン放浪中のタナカコーイチ(@tana51)です。

いつも初日に購入するプリペイドSIMカードですが、今回は4日目にしてやっと購入したので紹介します。

ポルトガルのプリペイドSIMカードのキャリアは?

今回購入したのはこちら。

meo

キャリア名はMEO

iphoneの場合、設定→キャリアを選択すると、現地のキャリア名が自動でいくつか表示されました。

実際に表示されたのはこの3つ。

  • Vodafone P
  • MEO
  • NOS

チェコで利用していたVodafoneは電波が良かったのでVodafoneを利用したかったのですが、駅にあるモバイルショップにはMEOのプリペイドSIMカードしか置いてなく仕方なくMEOをチョイス。

このSIMカードは各種SNSはデータを使わずに無料で使えます。

MEO。500MBプランで10ユーロ。

ポルトガルは約2週間滞在予定なので500MBは少し物足りないですが、外でGoogle Mapを使うときと電話を使うとき以外はホテルのWi-Fiを利用すれば十分足りるはず。

各SafariやGoogle ChromeといったブラウザやGoogle Mapを使うときはデータ量を消費しますが、SNSは無料というのはありがたいですね。

早々に購入しプリペイドSIMカードをチェコ共和国で使っていたVodafoneからMEOに交換しました。

しかしSIMカード差し込むも使えず。

普通はSIMカードを入れ替えて、4桁のPINコードを入力すれば簡単に使えるところがほとんどです。

ポルトガルも設定は簡単。

しかしなぜかアクセスできない。これは初めての体験。

iphoneの設定画面を英語表記に切り替え、モバイルショップのスタッフにいろいろ試してもらうもアクセスできず。

iphoneの画面の左上にはMEO 4Gと表示されているのでインターネット的にはつながっているはずが、このiphoneはなぜかアクセスできない。

モバイルショップのスタッフの人も30分ほど頑張ってくれましたが、ネットにアクセスできず。

他のスマホはできてボクのiphoneだけできないのは、iphone内の設定に問題がありそう、とのこと。

自分でもなぜだ、なぜだと繰り返し1時間ほどしてやっと解決法発見!

iphoneにSIMカード入れても使えない時の対処法

オーストリア、ドイツ、チェコは問題なく使えたのですが、ポルトガルは何か仕様がちがうよう。

最終的に原因となっていたのは、日本で登録したOCNがプロファイルに設定されていたため。

設定→プロファイル画面からOCNの登録を削除すると、アクセスすることができました。

めでたしめでたし。

購入場所はSete Rios Station(セッテ・リオス駅)

今回プリペイドSIMカードを購入したのは、Sete Rios Station(セッテ・リオス駅)。

リスボン以外の都市に行ける長距離列車の発着所です。

次の目的地Sagres(サグレシュ)への長距離列車のチケットを購入するために訪れたのですが、たまたま駅内にモバイルショップがあり購入することができました。

ポルトガルはプリペイドSIMカード天国と言われてもいるようで、身分証明書なしで誰でも気軽に購入することができます。

さいごに

日本でも最近増えてきたSIMフリースマホとSIMカード。

海外で現地のプリペイドSIMカードを購入するときは、日本の設定を削除しておいた方がいいかもしれませんね。

もちろん削除前には念のためスクリーンショットを撮っておくことをオススメします。
(帰国後すぐに設定できるようにするため。)

プリペイドSIMカード?なんじゃそりゃ?よくわからない。短期間の旅行だしWi-Fiがあれば十分だよという人は、グローバルWiFiか、グローバルデータがオススメです。

(スポンサードリンク)

ABOUTこの記事をかいた人

トラベルビデオグラファー。 世界一周中。趣味はドローン、トライアスロン、サーフィン。 海沿いが大好きな放浪家。 世界中でドローン(DJI phantom4)を飛ばしながら、IRONMAN(トライアスロン大会)やフルマラソンに出場しています。