【Premire Pro】warp stabilizer(ワープスタビライザー)で動画を滑らかにしよう!Gopro&自転車の撮影で効果的!

(スポンサードリンク)

どうも、オランダ放浪中のタナカコーイチです。

あなたはGoproを自転車にとりつけて撮影したことがありますか?

自転車のハンドルにGoproを取り付けて撮影すると、バイクに乗ってる感が伝わって面白い動画を撮ることができます。

しかし振動で動画がけっこうブレてしまうのも事実。

そこで今回は、撮影後にPremire Proでブレた動画をスムーズにする方法をご紹介します。

ビデオエフェクト、ワープスタビライザー/warp stabilizer

その方法とは、Adobe(アドビ)社の動画編集ソフト「Premire Pro(プレミアプロ)」のビデオエフェクトワープスタビライザーを利用するという方法です。

Adobe Premire Pro

まずはPremire Proのトップ画面。

プロジェクトから、Goproで自転車撮影した動画を取り込んで、右側のタイムラインドラッグします。

そして、エフェクトのタブを選択し、検索窓で「ワープスタビライザー」と入力。

すると、こういう画面になります。

ビデオエフェクト/ディストーション/下にある、ワープスタビライザーを右側のタイムラインにある動画の部分にドラッグ。

すると、プレビュー画面上に「バックグランドを解析中」という表示がでるので、あとは待つのみです。

どれくらい進んでいるかを確認したい場合は、タイムライン上の動画をクリックして、エフェクト画面で確認することができます。

以上です!

流れをもう一度言うと、

  1. プロジェクトに動画を取り込む
  2. 取り込んだ動画をタイムラインにドラッグ(シーケンスの作成)
  3. エフェクトの検索で、ワープスタビライザーと入力
  4. ワープスタビライザーをタイムラインの効果をつけたい動画にドラッグ
  5. あとは待つのみ(動画の長さにもよりますが、けっこう時間かかります。)

これだけです。超シンプルですね!

ボクはこのことを知らず、ロッテルダムの動画では、ワープスタビライザーを使わずに、そのままの状態で作成しました。

かなりブレブレですね!笑

そこで、なんとかならないかなぁとググっていたところ、この方法を見つけたのであります。

 

さっそく、オランダ・デン・ハーグでGopro撮影して、ワープスタビライザー効果をつけてみました。

ワープスタビライザー効果をいれる前

ロッテルダムの動画と同じでブレブレですね。

では、ワープスタビライザー効果を適用してみましょう。

ワープスタビライザー後(滑らかさ50%)

かなり安定しました。

Goproのブレを軽減するジンバルを買おうと迷っていましたが、これくらい安定すれば、なくてもありかもですね。

ワープスタビライザー後(滑らかさ100%)

50%と100%の違いは、よく分かりません。笑

デフォルトでは50%になっていたので、そのままでもいいかなと思います。

さいごに

Premire Proのワープスタビライザー効果、いいですね!

Gorpo&自転車撮影だけでなく、歩きながらの撮影でも、ブレてしまった動画は、編集時にぜひ使ってみて下さい。

「後で編集するのが面倒くさい。」「AdobeのPremire Proないんだけど。」というアナタは、ジンバルを最初から自転車に装着して、スムーズに撮影するのもアリですね。

ちまたではGoproのジンバルとして、FEIYU社のジンバルが人気のようです。

ただ、これだと自転車に装着できなさそう。

自転車専用のジンバルないのかなぁ。

誰か知ってたら教えて下さい!笑

ではまた!

(スポンサードリンク)

ABOUTこの記事をかいた人

トラベルビデオグラファー。 世界一周中。趣味はドローン、トライアスロン、サーフィン。 海沿いが大好きな放浪家。 世界中でドローン(DJI phantom4)を飛ばしながら、IRONMAN(トライアスロン大会)やフルマラソンに出場しています。