【バルセロナ滞在day1】初日の夜はホステルで情熱の〇〇に遭遇?!

(スポンサードリンク)

どうも、バルセロナ滞在中のタナカコーイチ(@tana51)です。

昨日、アンダルシア地方のセビーリャから新幹線で一気にバルセロナまでやってきました!

新幹線はかなり快適。

1,000kmの距離を約5時間半で移動することができました。

そしてそして、

とうとうボクにとっての今年一番の一大イベンド、

 

IRONMAN Barcelona2016の開催地、バルセロナ

 

に到着です。

IRONMAN Barcelona 2016

と言っても、実際の開催地は、バルセロナ市内から電車で約1時間くらいの、Callela(カレーリャ)。

なので、バルセロナ市内には5日だけ滞在です。

ちょっといろいろ動き回ったので、レビューしたいと思います。

セビーリャからバルセロナへ

ホテル近くのカフェで朝食をとり、

breakfast_sevillaコーヒーとパンで2ユーロ弱。この値段が相場。

まずはSevilla Santa Justa駅へ。

セビーリャを昼前に出発して、夕方にはバルセロナに到着です。

sevilla_barcelona

Sevilla Santa Justa駅→Barcelona Sants駅

scicon_sevillaSevilla Santa Justa駅にて

旅のお供のシーコンバッグくん。

ウクレレやミニバックなどいろいろ入れて総重量30kgくらいになっています。笑

どこに行っても「何が入ってるんだ?!」と話しかけられたり、常にジロジロ見られますが、案の定、駅のポリスに何度もジロジロ見られました。

危ないものは入ってないですよー^^;

 

Sevilla Santa Justa駅には前日にチケットを買いに来ていました。

翌日の午前中の新幹線のチケットを買いたいと伝えたのですが、セビーリャからバルセロナまで直通の新幹線は残念ながらすべて満席で買えず。

仕方なくマドリードで乗り換えのチケットを購入。

ネットで調べたときは80ユーロ〜110ユーロくらいだったのですが、なんと140ユーロもしました。

マドリードで乗り換えのルートだからか高いのかなぁ。これは痛い出費。

スペインの新幹線のチケットは2-3日前までに購入しておくことをオススメします。

マドリードで乗り換え

scicon_madridマドリード駅で乗り換え

輪行バッグを持っての移動も慣れてきたものです。

マドリードは駅構内の乗り換えで1時間弱待ちます。

ちなみにこの重い輪行バッグ、セビーリャで列車に乗る前、そして、マドリード乗り換えの際、空港みたいに赤外線チェックが必要でした。テロ対策でしょうか。

サイズはギリギリ通ったので、わざわざ中身を全部見せるという必要はなかったです。

マドリード駅構内のレストランや売店の料金はものすごく値段が高かったです。

  • ランチセット17ユーロ
  • パエリヤ少なめ9ユーロ
  • プリングルス長いやつ4ユーロ
  • サンドウィッチと飲み物セット6ユーロ

さすが首都ですね。

ここではコーヒーケーキーセット3.5ユーロを楽しみいざ、バルセロナへ!

train_madridマドリード駅にて。日本の新幹線と同じレベル。快適です。

Barcelona Sants駅からホテルへ

バルセロナのBarcelona Sants駅から、宿泊予定のホテルまで約2km。

自転車がなければ迷わず歩くのですが、今回は自転車がるあのでタクシーを利用。

Uberを使いたかったのですが、Wifiが使えず仕方なく地元のタクシーに。

メータータクシーだったので、大丈夫かと思ったのですが、到着すると6ユーロくらいだったのが12ユーロに。

細工されたのか、大きめのタクシーだからか分からないが「ちょっと高いなぁ」と思いながらも素直に支払うことに。

地元のタクシーの値段を事前に知っておくためには、Wifiが使えるところで、Uberで事前に見積もり金額だけでも調べておいた方がいいですね。

タクシーの運転手はけっこう親切にバルセロナの事情を教えてくれました。

  • バルセロナの中心地のレストランはめっちゃ高いから食べるときは少し離れたとこがオススメ
  • 中心地はビール1杯5-6ユーロだが、少し離れれば2ユーロ弱で飲める
  • 中心地はスリが多いので要注意
  • 観光客向けではなく地元の人が使いそうないレストランがおいしくて安い

などなど、

「ボクは英語しゃべれなくて、ごめんねー」

と言いながらも、わかりやすい英語で説明してくれました。

ホステルへでチェックイン

hostelSant Jordi Hostel Rock Palace

とりあえずホステルでチェックイン。

Sant Jordi Hostel Rock Palace(サン ジョルディ ホステル ロック パレス)

4泊で108.60ユーロ(約12,300円)。

1泊3,100円くらい。ホステルでこの値段でした。

早めに予約してたらもっと安いホステルもあったと思うのですが、ボクが予約したのは3日前。

バルセロナ市内のホテル予約率は80%以上と多くのホテルが満席でした。

ここ1ヶ月くらいは、シングルルームに滞在することが多かったのですが、バルセロナ市内のシングルルームは安くても1泊60ユーロ以上したので、ひさしぶりにホステルに宿泊。

ふらっと港の方へ

とりあえずブラブラしてみよう、ということで海が見える港の方へ歩き始めます。

barcelona_road

なかなか趣ある建物が続きます。

barcelona_fes

そこら中でフェスティバルが開催されてます。デカイ!

nike_barcelona

なぜかスポーツショップに目がいってしまいます。NIKEクールだね。

port_barcelona

バルセロナの港に到着。

ships_barcelona

船がいっぱい。

ship_barcelona

かっちょい船もあります。

mirador-de-colom

多くの観光客が写真を撮っていました。

どうやら有名な像みたい。

あとでGoogleで調べるとコロンブス像とわかりました。

そうです、あのアメリカ大陸を発見したコロンブスの像です。

コロンブス好きなのに、もっとテンション上げておけば良かった!笑

ちなみに、コロンブスはイタリア人。

実は当時のコロンブスの大航海に対して資金を提供したのが、スペインのイサベル女王。

コロンブスはアメリカ大陸を発見した後、女王に会うためにバルセロナを訪れたそうです。

それでバルセロナにコロンブス像があるのか。

歴史を知ってる方がおもしろいですね。

そんなことも知らず、「あっ、なにかの像だ。」とスルーした自分に喝をいれたいですね^^;

colomコロンブス像の下の方。ライオンがかっこいい。

晩飯はやっぱりパエリヤ

ボク、実はパエリヤ大好物なんですね。

日本にいる時も、パエリヤが置いてある店を発見したらテンション高くなるほどパエリヤ好きです。

しかし、スペインでパエリヤを食べるとなると、だいたい10ユーロ以上。

けっこういい値段するんですね。

安く食べれるとこないかなぁと探したところ発見。

とりあえずビールをオーダー。

beer

アイアンマン前でアルコールは控えめにしているので、1杯だけ。

やっぱり旅に各国のビールは欠かせないですね。

paellaパエリヤ 9ユーロ

そしてパエリヤ!

いやー、美味しい。

うん、美味しい。

でもこの店よく見ると中国人しかいません。

中国人経営で、中国人スタッフしかいないお店のようです。

「やっぱスペインはパエリヤだよなー」

と思いながらも、中国人が作ったパエリヤで中国人シェフと顔を合わせ喜んでいたボクでありました。^^;

ふと帰国したら自分で作ってみたいなぁと思いAmazonで調べるとありました!

レビューを見る限り、なかなかの美味しさみたいです。

パエリアを作るための専用のパエリア鍋もあるじゃないですか?!

このパエリア鍋はベストセラー1位になってますねー。

パエリア好きな人、意外に多そう。

パエリア食べたくなったアナタはパエリアの自炊にチャレンジしてみて下さい。笑

10月の一時帰国の日に合わせて発注しておこっかなぁ。

得意料理はパエリアです!って言えるようになれば、喜んでもらえそう。

ホステルへ戻り爆睡。のはずが‥

パエリアを嗜んだあとはホステルへ。

ボクが予約した部屋は12人部屋のドミトリー。

ドミトリーは、いろんな国の旅人と交流できておもしろいです。

しかし、夜10時くらいになるとうるさくなってくるのがヨーロッパの常識。

そこら中でクラブミュージックがガンガン流れ、酔っ払いのテンション高い旅人が「飲もうぜ!ウェーイ!」って絡んできます。

案の定、22時くらいになると、みんな地下1階にお酒を飲みに移動です。

レース前でシリアスになってしまっているボク(笑)は、夜更かしと飲みすぎを避けて部屋に残り素直に寝ることに。

すると夜中4時ごろ。

 

「ミシミシ」

「ミシミシ」

 

「ギコギコ」

「ギコギコ」

 

「Oh」

「Oh」

 

「Haa」

「HaaHaa」

 

「Oh No !!」

 

ん?

ん?ん?ん?

こっ、この音、この声はもしや!

 

そうです、

12人部屋で夜中みんなが寝ている中、

パーティで盛り上がった男女か元々のカップルかはわかりませんが、

夜中4時にエッチしてるではないですか?!

 

情熱の国スペインと言えども、アンタら情熱的すぎでしょー!笑

そんなびっくりな出来事もあり、情熱の国を眠りながらも痛感したバルセロナ初日でした。笑

(スポンサードリンク)

ABOUTこの記事をかいた人

トラベルビデオグラファー。 世界一周中。趣味はドローン、トライアスロン、サーフィン。 海沿いが大好きな放浪家。 世界中でドローン(DJI phantom4)を飛ばしながら、IRONMAN(トライアスロン大会)やフルマラソンに出場しています。